スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼント

過去と未来を行ったりきたり
自由に旅をする

ある時は
淋しそうな過去な自分に
緑色の癒しの葉をプレゼントする
ある時は恋に恋をしていた少女の私が
ハート色した可愛い小瓶をプレゼントしてくれた
蓋をあけるとたちまち心が温かくなる

未来への旅は白紙に描く絵のように
無限に広がる想像の世界
ただただ好きなように
なるべく楽しく自由に描く
未来の自分にきれいな色をぬる
それが、今の自分からのプレゼント
スポンサーサイト

theme :
genre : 小説・文学

空を見上げる

私は空を見上げる
落ち込んだ心を
やりばのないもやもやとした
自分でも分からない感情を
空は言葉にしなくても
ちゃんと分かっていて
包み込んでくれるから

雲も柔らかい羽根で
描いたかのような美しい絵を創ってくれて
私の気が済むまでじっとして
そこにとどまってくれたから
心は爽やかな空と同じ色に染まった

theme : 詩・ポエム
genre : 小説・文学

手紙

黄金(こがね)色の葉っぱが
目にとまり手にしてみたら
落ちたばかりなのかつやつやと光っており
形もとても美しく、それは
自然がくれたお手紙だった
嬉しくてそっとバックにしまいこんだ
家に帰ってもう一度じっくり読むために

more...

theme : 詩・ポエム
genre : 小説・文学

木々のメッセージ

緑色にきらきら輝く木々が
さらさらと風に揺られ
静かに語りかけてくれた


「地中深くにはりめぐらされた根は
瞬時に広い大地を伝って
それはまるでコンピュータの
ネットワークのようになっているんだよ
疲れたときはいつでもおいで
行けないときは空や小鳥を仰ぎ見てごらん
きっと力になってくれるよ」

それにあいづちを打つように
小鳥たちも楽しそうに歌を奏でた
風薫る5月 朝の出来事


theme : 詩・ポエム
genre : 小説・文学

のんびりと

力を抜いて自然体
周りの人と比べない
ひとりのときも堂々と
ゆっくりじっくり
無理をせず
このまま行こう
自分のペースで

theme : 詩・ポエム
genre : 小説・文学

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

若葉ちゃん

Author:若葉ちゃん
はじめまして
若葉と申します。
1977年 東京都在住

弟の影響と、柴田トヨさんの本を読み詩を書き始めました。
よろしくお願いします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。